一戸建ての外壁に羽目板を使用することでナチュラルに仕上がる

一戸建ての外壁に羽目板を使用すると調湿機能で室温が保たれる

一戸建ての外壁の羽目板について

 

木造の住宅やウッドデッキなど、ナチュラルな外観と雰囲気の建物は、天然木の板を使用する「羽目板」の外壁がピッタリです。

 

羽目板とは、木製の板を平行に貼っていく工法で、土壁の上に補強のために貼られる場合も多く見られます。

 

シックハウス症候群やハウスダストの問題が発生してから、天然の無垢素材の木片を使用したナチュラルハウスが脚光を浴びるようになりました。

 

天然の素材であるため、人々や環境にやさしいものであることはもちろんですが、木目の美しさや香りの良さも人気のポイントとなっています。

 

また、木の特徴として、調湿機能を持っているため、夏は涼しく、冬は暖かい室温を保ってくれます。

 

羽目板は、日本古来から伝わる伝統的な工法であるため、専門的な技術を持つ大工さんや木造建築専門の業者に依頼をすると良いでしょう。

 

羽目板に使用される木の種類には、ヒノキ、杉などの国産の木材をはじめ、レッドパインやホワイトウッドなどの外国産の木材が挙げられます。

 

羽目板は、外壁材に限らず内壁材としても重宝されており、特に優れた調湿性を活かして浴室によく使われています。

 

木材は、調湿性には富むものの、カビが生えたり変色したりしやすいため、定期的に洗浄することが望ましいとされています。

 

そのため、壁材として使用される木片は、防水加工をするための塗装が施されるのが一般的です。

 

防水加工をすることで、カビや変色を抑えることはできますが、木の素晴らしい風合いを残すため、メンテナンスは必ず行うようにしましょう。

羽目板の外壁についてエントリー一覧