外壁塗装の時期を見分けるには、まず5年以上経過しているかどうか

外壁塗装の時期を見分けるには、チョーキングやヒビや亀裂などがあるか

外壁塗装の時期の見分け方

 

外壁の塗り替え時期というのは、意外と分かり難く実施範囲が広いために取り掛かることを躊躇してしまうものです。

 

「汚れが目立ったきたので塗り替えの時期かな?」と思っても、なかなか外壁塗装に踏み切れなかったり、外壁塗装の営業の人から「塗り替えた方が良いですよ」と言われても「本当かな?」と疑ってしまったりする事があると思います。

 

では、確実に自分で外壁の塗り替え時期を見分けるには、どのような点をチェックすれば良いのでしょうか?

 

まず、参考にする年数は、5年以上経過しているかどうかという点です。

 

5年が経過すれば、どんなに耐久性のある外壁材や塗料を使っていても、若干の劣化や退色などが生じ始める可能性があります。

 

もし、少し汚れがあっても目立たない程度であれば、しばらく様子を見ても良いでしょう。

 

次に、壁にヒビや亀裂が生じていないかという点です。

 

ヒビや亀裂は、塗装自体の劣化の他にも、下地が劣化を起こしてしまっている可能性があります。

 

ヒビや亀裂が生じると、そこから雨水等が侵入してカビが発生したり、雨漏りを起こしたりする原因となり、ひどい時には建物の内部にまで影響を与えることがあります。

 

もし、予算や時間的に家全体の塗り替えは厳しいという場合には、部分的に塗り直しをしてもらうことも可能ですので、できるだけ早めに手を打つようにしましょう。

 

他にも、鉄部が錆を生じている場合や、壁面を触ると白い粉が手につく(チョーキング)という場合には、塗膜が劣化していますので、塗り直しのサインになります。

 

外壁は建物を守る大事な部分ですので、年数が5年経過していなくても、気になる部分は早めに直しておきましょう。

 

外壁塗装のセルフチェック

 

外壁塗装の時期の見分け方エントリー一覧