屋根に瓦を使用する場合は使用する箇所により素材や形状が異なる

屋根に瓦を使用する場合は環境に応じて素材を選ぶと良い

屋根の材質として日本で最もポピュラーなものは「瓦」です。

 

伝統的な日本家屋にはなくてはならない素材ですが、準洋風建築にも使用されています。

 

瓦には様々な素材のものがあり、素材を変えるだけで雰囲気もガラッと変わります。

 

瓦は窯業系の原料のものと金属系の原料のものとに分けられます。

 

窯業系の瓦は、最も代表的なものであり、ふつう瓦と言えば粘土瓦を示します。

 

さらに粘土瓦は表面に釉薬を塗った釉薬瓦と、素焼きのいぶし瓦に区別されます。

 

いぶし瓦は、伝統的な和風建築に多く用いられ、寺院建築にも見られるように重厚感のある日本古来から伝わる瓦です。

 

また、釉薬瓦は、表面に釉薬を施してあるため、防水性が高く、瓦自体に水が浸透しないため、耐久性にも富んでいます。

 

窯業系の瓦には、他にもセメント瓦というものがあり、衝撃に強く、価格が安い、成形にバラつきがない、などが特徴ですが、セメントを固めた瓦ですので、表面の塗膜が劣化すると、水が浸透しやすいという欠点があります。

 

金属系の瓦には、ガルバリウム鋼板、銅板、カラー鉄板などがあります。

 

ガルバリウム鋼板は、基となる鉄板にアルミやシリコンなどによるメッキ処理がなされているもので、潮の被害が予想される海辺の地域や寒冷地帯など、環境被害を多く被りやすい地域でも使用される丈夫な素材です。

 

銅板の瓦は、昔からの和風建築の中で、屋根から少し低くなった腰屋根と呼ばれる部分でよく利用されています。

 

しかし、銅は酸性雨に弱いため、最近の環境下では使用を控えることも多くなりました。

 

瓦の形状は様々なものがあり、J形、F形、S形に分けられます。

 

さらに、屋根の場所によっても形状が変わり、鬼瓦などの意匠瓦もあります。

 

瓦の葺き替えは20年〜30年に一度すれば良い方で、メンテナンスが少なくて済むのも特徴です。

瓦の屋根エントリー一覧