外壁塗装の光触媒塗料を使用して抗菌・消臭効果でクリーンに保つ

外壁塗装の光触媒塗料を使用すれば頻繁に洗浄する必要がなくなる

今、新しい世代の塗料として注目を集めているのが、「光触媒」の塗料です。

 

光触媒とは、二酸化チタンの別名で、エコロジーの点で多方面から期待されている物質です。

 

二酸化チタンに光を当てると、電子が発生し、大きな酸化力を持ちます。これが空気中の細菌や汚染物質から電子を奪い、大気をクリーンな状態にしてくれるため、ホルムアルデヒトなどの有害物質をも除去してくれる役目を持っています。

 

ブドウ球菌や大腸菌などの細菌をも殺菌してくれる実験結果も出ており、光触媒の抗菌作用の高さを示しています。

 

特に、小さな子どものいる家庭の部屋の壁には、塗るだけで空気の浄化をしてくれるので、大変人気の高い塗料となっています。

 

また、消臭効果も高いため、室内の空気をいつもフレッシュな状態に保ってくれます。

 

光触媒の塗料を外壁に使用することで、大気の浄化作用もあることから、樹木と共に環境をクリーンにしてくれるエコロジーな素材としても推進されています。

 

光触媒は抗菌力が高いため、セルフクリーニングをすることができ、汚れもつきにくく、外壁の塗装に使用すれば頻繁に洗浄する必要がなくなってきます。

 

現在、光触媒の塗料はTOTOのハイドロテクトコートが有名ですが、これから各塗料メーカーによって新しい塗料が開発されると考えられる新しい素材です。

 

もし、光触媒の塗料を外壁に使用したい、という場合には、必ず事前に塗装業者に取り扱いがあるか確認するようにしましょう。

外壁塗装の光触媒塗料エントリー一覧