屋根の塗装時期は10年を超えたら点検し劣化の状態で判断する

屋根の耐久性が高くても問題があれば塗り直しや補修が必要

屋根の塗装時期の見分け方

 

は、外壁塗装に比べて目で見て確認し難いものですが、築年数や前回の塗り直しの年から数えて10年を超えてきたら、屋根の塗装が劣化していないか点検をしておきましょう。

 

もし、屋根を塗り替えるかどうか判断に迷ったら、いくつかのポイントが当てはまるかどうか確認をすると良いでしょう。

 

まず、藻やコケ、カビが発生している場合は、屋根材の塗料が劣化し、水が浸透してしまい、防水機能を果たせなくなっている可能性があります。

 

藻やコケ、カビが屋根の全体に広がっている時は、高圧洗浄などで屋根をキレイにしてから塗り直しを行う必要があります。

 

放っておくと、屋根材がさらに腐食してしまうことになりますので、できるだけ早めに対処しましょう。

 

次に、塗膜が剥がれている場合は、風雨によって剥がれた塗膜の破片が下へ落ちてくるため、大変危険です。

 

屋根材を守るために塗装されている塗膜が剥がれるということは、屋根材が風雨や紫外線に裸でさらされることになるため、劣化を早めてしまうことになります。

 

コケやカビと同様、早めに対処をしておかないと、屋根材を通り越して、住宅の骨組みにまで被害が及ぶ可能性があります。

 

他に、金属屋根の場合には、錆が発生していないか確認をする必要があります。

 

屋根は、紫外線や酸性雨を直接受けてしまうため、耐久性のある金属屋根であっても、錆が生じやすい状態にあります。

 

たとえ屋根材の耐久性が高いとうたわれていても、問題が生じている段階で、塗り直しや補修の対処を行うようにしましょう。

屋根塗装の時期エントリー一覧