外壁塗装と屋根塗装の下地調整について

外壁塗装と屋根塗装の下地調整

塗り直しを実施する際に、高圧洗浄と共に重要な「下地調整」という作業があります。

 

下地調整は、劣化した外壁や屋根に生じたクラック(ひび割れ)や塗膜の剥がれなどの補修を行うことで、下地調整を行わないと、劣化した箇所が直されないままになってしまうため、生じたクラックから雨漏りが発生したり、構造体へ浸水が起こりカビやシロアリが発生する原因になったりします。

 

下地調整を実施すれば、外壁や屋根を長持ちさせることができます。

 

特に、クラックの補修はしっかりしておかないと、塗膜が剥がれ落ちたりしてたいへん危険です。クラックにも程度によって種類があり、浅いクラックをヘアークラックと呼び、大きなクラックとは区別されます。

 

小さなヘアークラックは、塗料を塗り重ねるうちに溝が埋まりますが、大きなクラックはしっかりと埋めておく必要があります。クラックを埋めるためには、フィラーと呼ばれる下地調整剤を使って行います。

 

フィラーは微弾性フィラーやセメントフィラーなどがあり、防水性の高いものになっています。

 

フィラーを用いるときは、クラックを埋めるために厚塗りをしてしまうと、塗料を塗った時に盛り上がりができてしまうため、表面を平にしておく必要があります。

 

塗り替えを実施する時には、下地調整が必要な箇所を、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

下地調整で予想以上に料金が追加されることのないように、見積もりにも含めてもらうと良いでしょう。